派遣社員は非正規雇用だから心配…と考える方も多いと思います。ですが派遣社員のメリットやデメリットを考えた上で、派遣社員として働いたほうが良いという方も多いのも事実です。こちらでは派遣社員について気になるアレコレを紹介します。

派遣社員で働くチェッカーや翻訳業務

政府や日本銀行が掲げたデフレ脱却という目標のもと、日本の企業は徐々に求人枠を拡大したり賃金を上げたりするなど、着実に業績が回復しつつあります。また円安の恩恵によって、輸出企業の業績が非常に良好です。

こうした状況のなか、国内よりも海外での需要が拡大しつつあります。英語を公用語化する国内企業も徐々に表れており、外国語で表記された書類を扱う機会も増えています。その際、翻訳者やチェッカーの存在は非常に重要になります。最近は派遣や契約社員での採用が多かった翻訳者なども、能力次第で正社員になれるチャンスも広がってきました。

外国語を利用した求人は、従来から非常に人気があります。時給が高いということに加えて、語学の資格を企業の経費で受験させてもらえたり、また一定のスコアをクリアすればボーナスが支給される場合もあるからです。そのため、雇用枠は一般的に狭き門と言えます。

しかし求人を行う前に、語学の資格で高いスコアを取得しておけば採用の可能性は高まります。また未経験であっても、ボランティアなどで海外へ行ったり、英文の履歴書をしっかりと作成してアピールすれば、就職できる可能性があります。また、翻訳やチェッカーは外国語の知識・能力はもちろん、日本語の表現力が重要となります。そのため、自分が就職する部署に関連した英文を翻訳して、履歴書に添付したり面接でアピールすることで人事の人たちにアピール出来ます。

また特許事務所などでは英文を扱う業務が非常に多くなっています。この業界は慢性的な人手不足で、優秀な翻訳者はもちろん、未経験の人も積極的に採用する傾向にあります。そのため、外国語が出来なくても雇用される可能性があります。