派遣社員は非正規雇用だから心配…と考える方も多いと思います。ですが派遣社員のメリットやデメリットを考えた上で、派遣社員として働いたほうが良いという方も多いのも事実です。こちらでは派遣社員について気になるアレコレを紹介します。

旅館への就活希望の場合には派遣で経験してみても

旅館やホテルなどの観光業でも宿泊関係に就きたい人には特別な資格がいるかというとそうでもなく、高校や専門学校卒業と同時に就職をしているという人も多くいます。民間主催の資格試験でホテル実務技能検定などがありますが、持っていると有利になる子はあります。
一般的な旅館やホテルへの就職の流れとして、高校卒業もしくは専門学校、短大、大学卒業で新卒で募集していると事が多く、卒業と同時に就く事が出来ますが、大手の一流のホテルや旅館の場合には専門卒以上を求めるケースもあります。専門学校にはホテル科や観光科がある為、そのまま提携先からの就職斡旋もよくあります。
一方で転職や畑違いの学科などからの就職希望の場合には特に学歴や前職や経験値を問う事はないですが、あればよいスキルや資格として「外国語が話せる」という点は大きなメリットでもあります。また接遇やマナー面で経験がある場合には役に立つスキルで重宝されるでしょう。スキルを持ち合わせていなくても入社後に研修があるので、経験は後からでも間に合います。あくまで接客する事が好きな人、人が好きな人には向いている職種とも言えるので人物重視で選考される職業とも言えます。また、正社員での募集だけではなく、パートや派遣でも募集している事もある為、開口の広い雇用形態で働く人のニーズに合わせて働く事が出来るでしょう。
就活する上で旅館やホテルで働きたい場合、派遣などで一度どこかに勤めてみるという事も良いでしょう。特に学生の場合にはリゾートバイト等で旅館やホテルに働く機会があります。長期休暇を利用して仕事現場を体験できるので将来の職業に自分が本当になりたいか再確認ができるでしょう。